かんたんてんと説明

POINT1 強くて錆びない柱フレーム

かんたんてんと部材

雨に濡れやすい柱フレームの素材をアルミにすると
ともに大きさと厚みをUP。

スチール塗装のフレームでは、設営・撤去時のスライド
の擦れで塗装が剥げ、錆が発生する事もありましたが、アルミフレームの採用で錆び対策も万全です。
スチールのトラスバーは外側はセミトーン焼付塗装、内側には防錆加工を施し、表面だけでなく内側からの錆び対策も万全です。

かんたんてんとアルミフレーム

POINT2 落下防止ロック

落下防止ロック付きの高さ調整部材は安全性と操作性を兼ね備えた「かんたんてんと3」だけの
新機能です。(国際特許出願済)
落下防止ロック01

ロック解除の状態

上部のレバーをプッシュすることで柱の高さを調整することが可能です。

落下防止ロック02

ロックの状態

上部のレバーがロック状態になり、柱の高さが調整できなくなります。

改良点

@「ロックレバー」及び「高さ調整レバー」のカラー(黒→グレー)を変更し、ロックのON→OFFを
  分かりやすくなるようになりました。
Aロックをかけた状態でも「高さ調整レバー」を押し込め、空動きするようになり、
 誤作動による高さ調整のレバーの変形・破損等を防止します。
B使用ビスのステンレス化・メッキの厚みを増しました。

POINT3 天幕の生地

かんたんてんと生地説明

天幕はUVカット99%以上・防水加工・防炎加工を施したポリエステル500Dを採用。

軽さと機能性を兼ね備えた生地です。
ミシン目はシーリングテープで目止め処理を行い、内部への雨の導入を軽減します。表面は撥水加工、裏面にも防水加工を施し、ダブルで雨の侵入を軽減します。

POINT4 天幕の張り調整

オートピークフレームで張り具合を調整できます。
長年使用された天幕でも奇麗な張りを維持することができます。
※出荷時は一番低い状態です。
(初期使用時は一番低い状態で十分な張りを持たせることが可能です。)
※約10cm上下します。

かんたんてんと天幕張り調整

POINT5 風に強い構造

かんたんてんとジョイント説明

風に強い正方形のトラスフレームとガタつきを防ぐ大きな接続ジョイント。

テントの風加重は斜め・横風を多く受けます。本製品のトラスバーは横荷重に弱い形状の長方形より、縦・横につよい正方形の形状をしています。フレームジョイント箇所は予期せぬ力が加わります。かんたんてんと3は大きく頑丈なグラスファイバー+ナイロン6化合物樹脂を採用しています。

※トラスフレーム…フレームの伸縮を行う上で重要な役割を果たすテント上部の骨組み
※フレームジョイント…トラスフレーム同士をつなぐ役割。

POINT6 ユーザビリティなデザイン

柱フレームは握りやすいソフトエッジ加工で、手にかかる負担を軽減します。
また、ベースパッドと高さ調整ダイヤルの色をグレーにすることにより、誤作動によるパーツ破損を防ぎ、分かりやすい操作性を実現しました。

 

 

 

かんたんてんとユーザビリティ